釣り道具

ウキがラインの途中で止まる原因はこいつだった!

前々回の釣りの時からちょっと気になってることがあったんですよ。飛ばしサビキで結構ガンガンに仕掛けを飛ばすんですけど巻取りの時に途中でウキが止まるんです。

それでウキがからまん棒まで落ちずにラインを巻き上げられずにダラダラしてる間にアジの口が切れて落ちるって事がありました。その理由がやっと分かりました。

スポンサーリンク

シモリペットに摩擦で溝ができてた


この写真はちょっと見づらいですけどシモリペットの内側の輪っかの右側にスリットみたいな溝が入ってるの分かりますかね?


わかりにくいんで裏側見てみましょうか。こっちは結構はっきり溝が見えますよね。


新品のシモリペットと見比べてみましょう。上が新品で下がだめになってるやつです。


反対側、さっきの写真より溝がわかりやすいですね。



この溝は何回も使ってるうちにラインが削ってできた溝でここにラインが挟まることで、ウキがラインの途中で止まる現象が発生します。

シモリペットは消耗品、定期的な交換を

僕はシモリペットって錆びて動けへんようになったり、割れて壊れるまで使えるんかと思ってたんですけどそうでもなかったみたいです。

まさかラインとの摩擦でこんなに簡単に削れていくとは思ってませんでした。

釣りが終わったら毎回消耗具合を確認して溝が分かるようになってきたら新品に交換したほうが良さそうですね。

シモリペットじゃなくて遊動スイベルと言う選択もある

色々と調べてみたら別にウキをつけるための道具はシモリペットだけじゃないみたいです。

遊動スイベルって言う部品があって役割はシモリペットと同じものですけど全部金属製になってます。

パッと見た感じスナップサルカンと何が違うんかよく分かりませんけど、滑りが良くなってたりするみたいです。

これなら消耗したとしてもだいぶマシになるみたいです。まあどっちにしても釣行後の真水での洗浄は必須ですけどね。

ただメリットだけじゃなくてラインに対するダメージが上がるのでラインが痛みやすくなるデメリットもあるみたいです。

でも僕はウキ釣りに使うナイロンラインとかは何回か使ったらリールの分を巻き直すんでシモリペットを買い足していくよりも、遊動スイベルの方がコスパ高そうな気がします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオグリンをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

  1. 釣り道具

    ショアジギング用に買ったシマノ セドナ4000XGを使ってみた感想

    実は11月の初旬にAmazonでリールを注文してて当初はシマノのサハラ…

  2. 釣り道具

    初めてのショアジギングで分かった必要な物とあったら便利な物

    この間貝塚人工島でショアジギをして初めての青物釣りをしたんですけど今回…

  3. 釣り道具

    100均のアイテムでメタルジグをカスタムする

    ショアジギングしてるとメタルジグって結構無くなりますよね、ボトムを攻め…

  4. 釣り道具

    魚臭さをスッキリ洗い落とすFISHSOAPが気になる!

    ネットを目的なく見てたら偶然FISHSOAP(フィッシュソープ)っ…

  5. 釣り道具

    メタルジグとトレブルフック サイズのマッチング

    僕はダイソーのメタルジグを買うことが多いんですけど、あれってスプリット…

  6. 釣り道具

    大物が釣れた時用にフィッシュグリップを購入してみた

    この間ツバスを釣った時に思ったのが、これ以上大きい魚になったらワニグリ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

  1. メタルジグとトレブルフック サイズのマッチング
  2. 食コンで釣れた17cmのアジを頑張って刺し身で食べてみた
  3. ショアジギング用に買ったシマノ セドナ4000XGを使ってみ…
  4. 季節外れのアジ爆釣と中サバが嬉しい食コン
  5. 加太大波止で初めてのノマセ釣りをして青物を狙ってみた
PAGE TOP